たなからぼたもち。

仮想通貨を無料でもらえるエアドロップと有力ICO(だと思うもの)を中心にまとめていきます。最近はわかってるつもりでいた通貨の勉強しなおし中。

イメージコンテンツの新しいプラットフォーム!PIBBLEの追記です!

f:id:k242:20180318223412p:plain

 

こんにちはー

 

今日は以前airdropの紹介をした

 

PIBBLEについて追記しようと思います

 

 

前回のPIBBLEの記事はこちらから

 

というのも、先日記事を書いた時は

 

Google翻訳で四苦八苦しながら書いたのですが(今も大して変わりませんが笑)

 

日本語の情報がほとんどないせいか

 

Twitterで複数人からご質問を頂きまして

 

私自身も殆どわかっていない状況がモヤモヤしてきたので

 

調べ直してみようと思った次第です

 

ですので今回はairdropは終了していますが

 

調べていくうちにICOにも俄然興味の湧いたPIBBLEをもう一度ご紹介します!

 

個人的に気に入って、ICOにも参加していますので

 

みなさんの投資の指標にして頂ければと思います

 

 翻訳サイト頼りの拙い記事ですがよろしければお読みください

 


目次

PIBBLEの目的

コンテンツの作成と利用

著作権を保護する仕組み

バッジシステム

PIBBLEの提携会社

 

 

 

PIBBLEの目的

 

PIBBLEは画像コンテンツを

 

著作権侵害やクリエイターへの利益の還元をメインにした

 

イメージコンテンツプラットフォームです

 

スマートコントラクトを利用して

 

ブロックチェーン上で画像コンテンツの作成から利用までを管理する

 

非中央集権のプラットフォームの作成を目指しています

 

近いものとしてストックフォトや、FC2コンテンツマーケットなど

 

会社が管理するページにデータを置いて販売する方式は今も存在しますが

 

その実状は著作権侵害の嵐です

 

例えばアダルトの映像作品等は大量のアップロードに対して

 

検閲が間に合わないためハッシュデータによる対応のみの場合が多く

 

規制したくてもできないといった状況です

 

PIBBLEはそういった状況を改善しようというプロジェクトです

 

では、どうやってそれを実現するのか

 

という部分を調べていこうと思います

 

 

コンテンツの作成と利用

 

PIBBLEでは、誰でも画像コンテンツを簡単に作成・利用することが出来ます

 

スマートコントラクトを使うことで

 

誰でも気軽にオンラインショップに自分の作品を並べるように

 

写真やイラストを登録し、収益化することが出来ます

 

しかもこれらの処理はブロックチェーン上で行われるため

 

サーバーの故障でデータが失われたりすることがありません

 

それにより利用者も安心してそれらの画像コンテンツを利用することが出来ます

 

イメージとして一番近いものは

 

ペペキャッシュを使用してブロックチェーン上のカードを買って遊ぶ

 

Book of Orbsというアプリです

 

まさにストックフォトとブロックチェーン技術の融合と言えるコンテンツですね

 

しかし

 

それだけ簡単に個人がコンテンツが作成できるとなると

 

一番最初に懸念される問題があります

 

先ほどもあげた著作権侵害です

 

ではPIBBLEが著作権を保護するために

 

どういった仕組みを導入しているのかを調べていきたいと思います

 

 

著作権を保護する仕組み

 

著作権保護の方法としてPIBBLEは 投票システムを導入します

 

これはLISKなどで利用されているDPoSというものとほぼ同じです

 

簡単に言えば

 

この画像は著作権者の出品物ですか、という投票をユーザーで行い

 

可決されれば正しい投票をした人たちに報酬が支払われる

 

という仕組みです

 

この仕組みによりPIBBLEはコンテンツの著作権の保護も

 

非中央集権で行うことが可能になります

 

Twitterでユーザーがパクツイの取り締まりみたいなのを

 

自主的に行っている流れに似ていますね笑

 

プラットフォームとしては国内のALISにとても近いものを感じます

 

情報プラットフォームがALIS

 

画像プラットフォームがPIBBLEといったイメージでしょうか

 

 

 バッジシステム

 

PIBBLEにはバッジシステムというものが実装されます

 

このシステムは先ほどの投票システムにも関わってくるシステムだと思います

 

プラットフォームで商品を購入した数

 

商品を販売した数

 

可決投票を行った数

 

などなど、様々な条件を達成するごとにバッジのレベルが上昇していきます

 

権限などが変わるのかは現段階では分かりませんが

 

個人的な見解では恐らく投票権が強くなったり

 

プラットフォーム内でのマーケットに有利な特典などが

 

付与されるのではないかなと思います

 

PIBBLEの提携会社

 

PIBBLEの提携会社には香港マレーシアを拠点に動く

 

写真素材を扱うウェブサイト123RFさんや

 

アメリカのストックフォト、BIG STOCKさんなど

 

15社のストックフォトの会社が

 

他にもソフトバンク母体のFontworks

 

韓流芸能人エージェントの会社KiwiMediaGroupなど

 

事業のコンセプトに沿った会社が多いですね!

 

 

 

 

このように

 

今のところまだどこも手掛けていない事業で

 

なおかつ個人的に興味のあるプロジェクトなので

 

結構応援してます

 

もし面白いと思ったら皆さんも注目してみてはいかがでしょうか?

 

登録方法は前の記事で説明していますので

 

興味があればご覧ください!

 

その後は画像の赤い枠の部分をクリックすると

 

ICOトークンを購入する方法のページに移動します!

(マイイーサウォレットかメタマスクが必要です!)

 

f:id:k242:20180412124740p:plain

 

かなり楽しいプラットフォームなので

 

実現して欲しいと思っています

 

今日はこの辺で

 

それではー